ブログトップ

関西アラカルト 

kamakun.exblog.jp

千年の都が、はんなりと桜色に染まります。古社や名刹の桜風景は、たおやかで幻想的な趣きがありますお楽しみ下さい。なお画像は今まで撮影した画像も有りますので気軽にお問い合わせ下さい。

瀧安寺(箕面寺)

a0009761_14435745.jpg
日本初の弁財天で、1400年近い歴史があり、全国からの山岳信仰修験道の根本道場として知られています。

a0009761_973172.jpg

650年に役小角(役ノ行者)が滝のそばで修行の後、滝の側に「箕面寺」として創建しました。空海日蓮蓮如などもここで修行したといわれています。

a0009761_975538.jpg

南北朝の時に後醍醐天皇が隠岐の島に流された時、皇太子からの依頼で寺が書状お送り助け出したために天皇から「瀧安寺」を賜ったとも言われているそうです。

a0009761_983654.jpg

しかし、織田信長の兵乱などで焼失し、江戸時代に阪急箕面駅から1キロの北のこの場所に再建しました。
本堂は、後水尾天皇の寄進だそうです。
また、江戸時代に寺社などで流行った「富くじ発祥の地」としても有名です。

a0009761_991195.jpg

7日の採灯大護摩供「行者堂戸扉閉法要」は、現在も役の行者ゆかりの山伏姿の行者たちがホラ貝を吹き、古式通りに護摩供養が行われ、祈りの煙りが紅葉の木々の間から人々の願いをこめて空高く立ちのぼる様は神々しく、歴史の重みと幻想感でついカメラを置き手を合わしてしまいます。

a0009761_994395.jpg


日曜日、滝の紅葉情報を見に出掛けましたが、猿と山伏を撮影していました。(失笑)

箕面公園の一角にあります。
[PR]
by ka-ma-kun | 2004-11-12 14:46 | 大阪