ブログトップ

関西アラカルト 

kamakun.exblog.jp

千年の都が、はんなりと桜色に染まります。古社や名刹の桜風景は、たおやかで幻想的な趣きがありますお楽しみ下さい。なお画像は今まで撮影した画像も有りますので気軽にお問い合わせ下さい。

2004年何有荘(かいうそう)

a0009761_0575566.jpg
時代祭で賑わう京都へ出掛けました。時代祭を見た後は、地下鉄東山線の上を歩き、都ホテルの前を通り、インクラインや南禅寺・永観堂・若王子神社をみて、運動不足の解消に京阪丸太町まで歩きました。
インクライントンネルを抜けると直ぐに疎水や哲学の道傍に明治天皇が使われた洞窟風の地下がありました。
そこを抜けると別世界、疎水と東山分水を取り入れた何有荘(かいうそう)の回遊式庭園でした。紅葉しているともっといいのでしょうが、京都御所を眼下に南禅寺の三門を見下ろす素敵な風景が楽しめました。紅葉のピーク時にもう一度行きたい場所です。
7百年の歴史を刻む6千坪の名庭園が、100年ぶりの特別公開です。
[PR]
by ka-ma-kun | 2004-11-04 00:57 | 京都